fc2ブログ

だまされるな!溢れる情報の中で漂流するあなたへ! 

巷には情報が溢れています。しかし情報に翻弄され、ニュース・商品等の正しい姿が捉えらません。溢れる情報に騙されたくない皆様に、山一證券を経てコンサルの筆者のブログジャーナル。

死刑反対派弁護士!

山口県光市の母子殺害事件をめぐる差し戻し控訴審については、大きく報道されているので、あらためて詳述することはないでしょうが、死刑反対派弁護士の活動は、いよいよ常軌を逸してきた。
 先日の朝鮮総連本部の差押さえを妨げようと奔走していた日弁連の会長といい、もはやこのままでは、「弁護士」というのは、頭のねじがチョット緩んだ愚連隊というイメージになってしまうのではないか?
*****************************************************
弁護士が、その使命である人権擁護と社会正義を実現するためには、いかなる権力にも屈することなく、自由独立でなければなりません。(日弁連HPより)
*****************************************************
こんなことを堂々と表明しているが、「権力に屈する」どころか、自ら率先して、北朝鮮の権力の手下となることは、弁護士の使命に照らして正しいのですか?
 “死刑反対”という主義主張にとらわれ、その為にはどんなインチキな法廷戦術でも採るというのは、自由独立で社会正義を実現しているのか?
 何かというと弁護士は、「依頼人の利益を守る…。犯罪者にも人権が…」などといって、自分たちが犯罪者と一心同体となり極悪非道ともいえる弁護活動を正当化する。
 弁護士さんよ!自らの使命は、人権擁護と社会正義を実現することであって、正当な弁護活動もあくまでその使命を果たすという制約の範疇で行うという基本に帰らないと、アメリカのように「弁護士」=「悪人」というイメージが固定してしまいますよ。


スポンサーサイト



  1. 2007/06/28(木) 15:18:26|
  2. 時事
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
https://damasareruna.blog.fc2.com/tb.php/89-f7385537
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

zam

Author:zam
山一證券を経て、現在エンタメ系企業の役員を務めるかたわらコンサルとして活動中の筆者のブログジャーナル。公金を毀損する輩・高齢者・弱い者を騙す輩を糾弾だ!
※保有資格
宅建/社労士/証券外務員1種/1級FP…

カウンター

フリーエリア

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

・スパムや荒しの対策にコメント欄は削除しました。 何かあれば、こちらへどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

月別アーカイブ

相互Pingサーバー