fc2ブログ

だまされるな!溢れる情報の中で漂流するあなたへ! 

巷には情報が溢れています。しかし情報に翻弄され、ニュース・商品等の正しい姿が捉えらません。溢れる情報に騙されたくない皆様に、山一證券を経てコンサルの筆者のブログジャーナル。

台風の夜思う!

まだ梅雨も明けないうちから台風が日本を直撃しています。
皆様は被害にあわれてないでしょうか?心配です。
もはや、温暖化などの影響で、異常気象であることが普通になってしまいました。
 今後は、より気象の異常は極端になり、いずれは世界的に農業生産に甚大な影響を、与える時代が来るのは、そう遠い先ではないことは確かです。
 しかしながら、(参議院)国政選挙において与党も野党もこの国民の生死に関わるともいえる問題について、有効な政策を提起していない。(というか考えてもいない。)
食糧生産は、中進国の経済発展に伴い、平時であっても世界的な需給の逼迫は、避けられない状況です。いわんや大きな気象変動が、世界を襲ったとしたら、大変な事態になるでしょう。
このように無策では、近い将来日本は、食糧確保で苦しむことになってしまいます。
 人口減少を問題視する向きがありますが、私は、今後の世界の異常気象を考慮すると、これは神のご加護と考えます。神のご加護を無視し、この先人口を増やすような国家は、食糧問題で増えた人口が減ってしまうのではないかと案じます。
 今後は、食糧生産能力以上に過大な人口を抱える国家は、苦労する時代になると断言しておきます。

  1. 2007/07/14(土) 23:25:32|
  2. 時事
  3. | トラックバック:0

規制緩和の罪!交通事故

また、3ナンバーの無駄にデカく、かつ死角が大きいミニバンによる悲惨な交通事故がありました。
*****************************************************
スクールゾーン、小2男児はねられ死亡…さいたま
 4日午前8時5分ごろ、さいたま市北区宮原町の市道交差点で、歩いて登校中の同区吉野町、同市立宮原小学校2年の渡部陽介君(8)が、前から交差点を右折してきた乗用車にはねられ、頭を強く打って間もなく死亡した。大宮署は、乗用車を運転していた埼玉県上尾市壱丁目、会社員岡野健一容疑者(27)を自動車運転過失傷害の現行犯で逮捕した。
 現場は午前7時半から1時間、許可車以外通行禁止のスクールゾーン。岡野容疑者は「周辺が混雑している時には、裏道としてよく使っていた」と供述している。(読売新聞)
*****************************************************
 道幅が狭く、ちゃんとした歩道が設置されていない通学路を、子供たちが安全に通学出来るための「スクールゾーン」に進入する。それも徐行もしないで…。こいつおかしいね!歩行者天国を突っ走るようなものですよ!これでは、事故というより故意。殺人でしょう。
 事故について、直接は運転者の責任です。
しかしながら、このような事故の間接的な原因は、日米貿易摩擦の解消のためや景気対策のために、バブル期以降一貫して緩和されてきた自動車に関する規制緩和によるものです。
 たとえば、さまざまな規制緩和の結果、この20年程で自動車の排気量は増え、馬力は不必要に上がり、3ナンバー車が増加(車体が無暗にデカクなり)、ウィンドウは真っ黒でも良くなり、ミラーは、カッコよい代りに見ずらく車体から大きくはみ出すドアミラーになりました。
 その結果、交通事故の発生件数・負傷者数は、右肩上がりで増え続けました。(最近でこそ、車の登録台数自体が横ばいなので、伸びは止まりつつありますが、依然ほぼ最悪の状態)
 自動車メーカーや国は、責任を追及されると困るので、「交通事故死者」が減ってきたことを前面に押し出して、交通行政や自動車メーカーが正しい方向に向かっているかの如く洗脳し、国民の目を欺いています。
 そりゃ、交通事故死者は減りますよ。交通事故死者の構成で最大なのは、自動車乗車中の人間です。確かにこの20年で、自動車乗車中の事故死者は、数千人規模で減りました。
しかし、事故が減って死者が減ったのではなく、ただ自動車自体がどんどんでかくなって、安全基準も厳しくなったので、エアバックやらABSやら色々な装置がついたため、自動車に乗っている側の死者が大幅に減っただけなのです。その間も、そのデカク危険な車で撥ね飛ばされる交通事故の件数・負傷者数は増え続けました。
 私は、「規制緩和」には、基本的に賛成です。しかしながら、2つだけはやっていけなかった「規制緩和」があったと思います。そのうち一つは、この自動車に関連する「規制緩和」。これのおかげで、日本の狭い道路に、不必要にでかく、その上ハイパワーな危険な車が溢れてしまいました。事故件数も一貫して増え続けました…。国民の生命安全を脅かすこの種の規制緩和は、今すぐ方向転換すべきでしょう。

  1. 2007/07/12(木) 17:40:47|
  2. 社会・安全
  3. | トラックバック:1

政教分離と参院選 !

ゴタゴタしました。
*****************************************************
公明党除名の福本潤一氏、無所属での参院選出馬を表明
公明党を除名された福本潤一参院議員(58)は9日、国会内で記者会見し、29日投開票の参院選に広島選挙区から無所属で出馬すると表明した。(読売新聞より)
*****************************************************
 こんな議員は、どうなっても良いのだが、その経緯は、問題が大きい。
かいつまんで言うと、創価学会・宗教がらみの問題で、この議員は公明党の公認を得られないため、離党することになったようである。 
しかしながら、本来、政教分離が原則であって、特に、与党で国政を掌る公党が、宗教団体の意向で右往左往しているこの問題を見ても、憲法違反レベルの話であろう。
 「政治と宗教」の問題というと“靖国問題”を大きく取り上げるが、靖国問題など現実的には、中国・韓国向けの問題であって、国内においては、少なくとも宗教勢力による政治への介入というレベルの問題ではない。
 逆に、「公明党・創価学会」問題のほうが、宗教勢力による政治への介入という本質的に重大な大問題である。
 本来なら、野党第1党である民主党あたりが、この政教分離無視の、いかがわしい宗教による政治への介入問題に、今この機会をとらえて、鉄槌を下すべきなのだが、腰抜けの上に、地方では、創価学会様のお世話になっているので、何にも言いやしない。
 大して国民に実害のない“靖国問題”には、不必要な位クダクダ文句たれてる割りに、国民に非常に不利益をもたらしている、このいかがわしい宗教団体の政治介入には、利害も絡んで、知らんぷり…。こんなんでいいのか野党として!民主党よ!
こんな問題は、ほったらかしで、同性愛者ばかり応援してる場合なのか!

  1. 2007/07/12(木) 16:32:34|
  2. 時事
  3. | トラックバック:0

公金毀損議員登場

また、公金毀損議員登場!
*****************************************************
赤城農相の政治団体、実家を事務所と経費計上
 赤城徳彦農相(衆院茨城1区)の政治団体「赤城徳彦後援会」が茨城県内の両親の住む実家を、事務所としての実態がないのに「主たる事務所」として、県選管に届けていたことが7日、分かった。
 同後援会はこうした届け出を少なくとも2003年から続けているが、実家に住む母親は、「家賃や光熱費などは受け取っていなかった。私設秘書や事務員は選挙前には来るが、常駐はしていない」と話している。また、同後援会は03年から3年間に計約1227万円の経常経費を計上していた。
 後援会の政治資金収支報告書によると、主たる事務所の住所は茨城県筑西市赤浜となっており、実家の2階建て住宅がある。後援会の連絡先として水戸市内の住所の記載もあるが、赤城農相が代表を務める自民党茨城県第1選挙区支部と同じになっている。収支報告書によると、後援会の経常経費のうち、家賃などを含む事務所費は3年間で計約526万円に上る。
 経常経費はこのほか、人件費約223万円、光熱水費約106万円、備品消耗品費約373万円。経常経費は3年間で大きく変動していた。
 同後援会は1996~2005年の10年間では計約9000万円の経常経費を計上している。(読売新聞より)
*****************************************************
ナントカ還元水がようやくいなくなったと思ったら、その後釜もこの体たらく。
ナントカ還元水の後任として選任したのだから、常識的に考えても事務所費等については調べていたのだと思うが、それでもこの様では、もはや参院選挙を負けようとしているとしか思えない。
 そして、今回の問題で、いかに今の政治屋が、公金を使って私腹を肥やすことしか考えていない輩かを如実に表す結果となった。その上安倍首相は「たいした額じゃない。問題ない。」なんてシャーシャーとぬかしている。まあきっと安倍さんも同じ穴のムジナで、何が悪いのか正直実感がないのだろう。もう政治屋にとって公金で私腹を肥やすのは、当たり前の感覚になってしまっているのだ。
 これは政権交代しかないのか?と思って民主党を見ると!
小沢さんが、「選挙で過半数とれなかったら政治屋を辞める!」と一見潔く聞こえる発言をして、人気取りをしている。
しかし、少しでもまともな見識を持つ人なら、今回の選挙で野党が、過半数取らないほうが難しい状況だ。こんな自分の勝ちが決まりきった状況で自分に有利な賭けをする男。こんな奴のために投票する気せんな~。男なら賭けは、勝ち負け五分五分の時にしろ!卑怯だぞ、お前の話は下らん!
余りにも両者ダメすぎるので、今回の選挙は棄権する人が増えるのではないか?海や山にでも言ったほうが、よっぽど有意義だと考えても不思議ではない状況ですね。

  1. 2007/07/09(月) 22:56:46|
  2. 時事
  3. | トラックバック:0
前のページ

プロフィール

zam

Author:zam
山一證券を経て、現在エンタメ系企業の役員を務めるかたわらコンサルとして活動中の筆者のブログジャーナル。公金を毀損する輩・高齢者・弱い者を騙す輩を糾弾だ!
※保有資格
宅建/社労士/証券外務員1種/1級FP…

カウンター

フリーエリア

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

・スパムや荒しの対策にコメント欄は削除しました。 何かあれば、こちらへどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

月別アーカイブ

相互Pingサーバー